当社おすすめ!2018年秋のDM作成マニュアル

秋DM、作成のポイントとは

DMを送る目的は、クリーニングを思い出して頂くこと、そして来店して頂くことです。四季のある日本では、年4回、DMを送ることが大切です。また、ドライ品の割引の他に季節特有の付加価値(私は必要な価値なので必要価値と言います)と高単価商品の割引を入れることをオススメしています。

 

DMを送る枚数は多ければ多いほど回収枚数は増えますが、郵送代がかかりますのでそこは考えようです。「ポストIN」と言って宛名印刷したDMを自分でポストに入れる場合、自分でポストINできるエリアなら名簿を絞ることはせず、全部撒いた方が売上は高くなります。新規客を獲得しにくい今、一度でも来て頂いたお客様にまた来て頂く。この考え方は重要です。
郵送する場合は、経費倒れしない枚数を決めることが大切です。クリーニング業界の粗利を考慮すると、回収率が20%以上で経費倒れしません。1年有効会員に絞るとほぼ経費倒れしませんので、そこを目安に枚数を決めてください。
ここでDMの郵送費を下げる2つの提案を行います。こちらの表をご覧ください。

 

売上上位10%のファン客層は平均12日に1回、来店しています。また次のランク=得意客層も平均41日に1回、来店しています。

画像をクリックして拡大

 

テラオカさんのレジをお使いの方に朗報です!

DMの店頭手渡しは誰に渡したかわからなくなる問題がありましたが、本部アステンポより「DMを渡して下さい」というメッセージをレジに送ることが出来ます。DMを渡したお客様にはこのメッセージを消去することで、確実にDMを渡すことができます。

詳しくは8/5(日)の当社ブログにて!


DMの郵送経費が気になる方は年間回数が2回以下のお客様にはDMを送らないという方法もあります。この絞り込みをすることでDMの回収率は上がりますが、送る枚数を減らすと当然、回収枚数は減ります。この絞り込みを行って良いクリーニング店さんは地域に定期的にチラシをポスティングしているクリーニング店さんだけです。地域へのお知らせ(ポスティング)もせず、自分のお客様へのお知らせ(DM)もしないなら、客数が減るのは当然です。秋DMは企画内容も大切ですが、送る名簿にも気をつけて取り組んでください。

では、当社がこの秋にオススメする4つのDMを紹介します。

こちらのDMデザインは見本です。割引率や点数による割引率、割引回数など、自由に変更できますよ!秋DMをしっかり準備してくださいね!!

 ★★★上記のDMのパーツ同士を組み合わせて作成することも可能です!★★★

DMの印刷単価

デザイン費:6000円
枚数単価@
500枚30.0
600枚28.0
700枚26.0
800枚24.0
900枚22.0
1,000枚20.0
1,500枚17.5
2,000枚15.0
2,500枚13.0
3,000枚11.5